デメリットも知っておこう|人気のカラコンを利用して簡単にオシャレを楽しもう!

人気のカラコンを利用して簡単にオシャレを楽しもう!

デメリットも知っておこう

カラコンを入れている女性の横顔

様々なメリットがあるカラコンですが、当然ながらデメリットもあります。カラコンを使用する際には、メリット・デメリットの両方をしっかりと理解しておきましょう。

カラコンを使用するデメリット
・コンタクトレンズよりも重い
・コンタクトレンズよりも厚い
・目に酸素が供給されにくい
・質の悪いカラコンは害が多い
・視界が悪くなる

順に見ていきましょう。まず、カラコンは色がある分、どうしても普通のコンタクトレンズよりも重くなります。イメージしてもらえれば分かるかと思いますが、重いものを目に付け続けていると、顔の色んな筋肉が疲れやすくなります。
また、カラコンは重いだけでなく厚くもなります。「異物感」が強くなりますから、普通のコンタクトレンズが大丈夫な人でもカラコンは気になるかも知れません。
そしてその「厚さ」による最も大きなデメリットが「目に酸素が供給されにくい」ということです。目に供給される酸素の量が少ないと、目の角膜の健康状態が悪くなります。また、疲れ目の原因になります。
さらに、質の悪いカラコンに害が多いことも難点です。あまりにも安すぎる未認可のカラコンは、質が悪くなっています。最悪の場合、着色に使われた色素が使用中に目に溶けだす、という恐ろしい事態もあり得ますから、出所の分からないカラコンを使うのはやめましょう。
加えて、カラコンは視界を悪くします。常にサングラスをかけているような視界になるので、目が疲れやすくなっています。ほどほどの使用時間であれば影響は少ないですが、あまり連続で使用していると視力低下にも繋がってしまいます。